読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文フリガイド編集委員会通信

文学フリマガイドブック(通称:文フリガイド)の編集状況についてお知らせするブログです

文フリ川柳、文フリ俳句を募集します

笠原

みなさん、こんばんは。
こちらでははじめてお目にかかります、副編集長の笠原です。

まずは本日開催された文学フリマ京都に参加されたみなさま、お疲れ様でした。
わたしは東京に居残り組だったのですが、流れてくるツイートを拝見しているととても盛況だったようで、本当によかったです。
文学フリマがこうして広がっていくことは素直に嬉しいですね。
次回の文フリ開催となる文学フリマ前橋にはわたしも参加予定なので、新しい地での文フリが今からとても楽しみです。

さて、本題に移ります。

現在、絶賛編集作業中の文学フリマガイドブック第10号。
わたしはその特集ページを担当しています。
もっとみなさまに気軽にガイドへ参加していただくにはどうしたら良いのか。
色々と考えた結果、この記事のタイトルの通り、文フリにまつわる川柳、俳句を募集してそれを掲載しようと思います。


<応募方法>

応募はTwitterで受け付けます。
ハッシュタグ「#文フリ川柳」または「#文フリ俳句」をつけて、掲載を希望する作品とお名前をツイートしてください。

【例】文学と出逢う喜び文フリで  笠原小百合 #文フリ川柳

   新刊のページをめくる青葉風  小百合 #文フリ俳句


川柳と俳句の違いは、色々説明するとわかりにくい箇所もあるので、今回は季語のあるなしで判断してください。

季語が入っていない→ #文フリ川柳
季語が入っている→ #文フリ俳句

応募は川柳、俳句あわせて、お一人3作品までとさせてください。

募集期間は只今より、2月28日(火)23:59までです。

期間内に投稿されたツイートは誌面の許す限り掲載いたします。
応募が多い場合は掲載を見送らせていただく場合もありますのでご了承ください。

たくさんのご応募、お待ちしております!

第一回文学フリマ京都に出店します

秋山

 皆さん、こんにちは。秋山です。
 気がついたら今週末となっておりましたので、お知らせです。

 1月22日(月)に京都で開催される、第一回文学フリマ京都に出店します。
 概要は下記の通りです。

第一回文学フリマ京都

開催日:2017年1月22日(日)
開催時間:11:00~16:00
会場:京都市勧業館 みやこめっせ 地下第一展示場

 ブース番号はけ-01~04となります。

販売する本

 昨年の文学フリマ大阪と文学フリマ東京に引き続き移動書店として、今までのガイドブックに掲載した作品の委託を請け負っております。と言っても、今回は1作だけの取り扱いとなります。

発行元 著者/編集 作品名 価格
庭鳥草紙 庭鳥 明日香風、吹く 400円

 次に、以下が文学フリマガイドブック編集委員会としての発行物となります。

作品名 価格
文学フリマガイドブック 2015年春(通算第7号) 200円
文学フリマガイドブック 2015年秋(通算第8号) 200円
文学フリマガイドブック 2016年春(通算第9号) 200円
別冊文学フリマガイドブック 100円

 是非、会場でお買い求めください。

 以上です。
 では、当日、京都の地でお会いできることを楽しみにしております。

第10号の状況(その1)

秋山

 あけましておめでとうございます。
 編集長の秋山真琴です。
 本年も、どうぞ、よろしくお願い致します。

 さて、昨年の11月から募集を始めました『文学フリマガイドブック2017 通算第10号』向けの状況についてお知らせします。

推薦作の応募状況

 現時点で、6名の方から計13作の推薦をいただいております
 募集期限は【2017年1月9日(月)23:59】となりますので、是非、今週末に向けて多くのご応募をいただければ幸いです。
 応募は下記フォームより、お待ちしております。
文学フリマガイドブック 2017(通算第10号)推薦作の応募フォーム

スケジュール

 全体スケジュールの確認です。

01月09日(月)推薦作募集締め切り
01月16日(月)広告の募集開始
02月17日(金)編集会議・査読完了
02月20日(月)関係者に連絡・原稿執筆開始
03月12日(日)原稿締め切り
03月13日(月)ゲラ作成・ゲラチェック開始
03月26日(日)最終締め切り
04月02日(日)入稿・紹介作品発表
04月10日(月)納品
04月17日(月)発行(事前販売開始)
04月24日(月)売り子お手伝いの募集開始
05月07日(日)文学フリマ東京にて販売

編集委員会のメンバー紹介

 遅くなりましたが、第10号編集に向けて下記メンバーで対応します。
・編集長 秋山真琴
・副編集長 笠原小百合
・編集者 上住断靭
・編集者 遠野夜明
 以上4名です。
 今回の編集者募集に際し、上住さんと遠野さんから立候補いただき、一緒に作っていくことになりました。

終わりに

 年末進行ということで、しばらく更新できておりませんでしたが、これからは定期的にメッセージを発信していければと考えております。まずは、推薦作募集の期限が迫っていますので、是非、昨年1年間で見つけた面白い作品を、お教えいただければ幸いです。

(c) bunfreeug all right reserved. since 2012/5/6