読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文フリガイド編集委員会通信

文学フリマガイドブック(通称:文フリガイド)の編集状況についてお知らせするブログです

通算第10号の発行を手伝っていただける編集者を募集します

 皆さん、こんにちは。秋山です。
 既報の通り、2017年4月を目標に『文学フリマガイドブック2017 通算第10号』を発行予定です。つきましては、共に編集や発行を手伝っていただけるメンバーを募集します。
 下記概要と要項に従い、応募いただければ幸いです。

概要

募集対象:編集者
締め切り:2016年11月30日(水)23:59

要項

・文フリガイドにおける作品紹介のページを手伝っていただける編集者を募集します。
・編集者には、担当作品の査読、編集者コメントの執筆、掲載順の検討、以上3点をお願いします。
・担当作品は「小説(青春、恋愛、他)」「小説(海外、歴史、他)」「詩歌」「評論・ノンフィクション・その他」の4種類とします。
・推薦者からの推薦作の貸し出しは、編集長の秋山が一括して行います。各編集者に対しては、推薦作をダンボールにまとめて送ります。一度に送る量や、査読に割ける時間は編集者の人数によります。
・募集人数は、各担当作品ごとに2名、計8名までの予定です。

応募方法

 文学フリマガイドブック編集委員会宛にメールで、応募したい旨、ご連絡ください。
連絡先:bunfreeug@gmail.com
件名:【文フリガイド】編集者応募
内容:
(1)お名前(ハンドルネーム)
(2)メールアドレス
(3)TwitterID(あれば)
(4)お住まいの都道府県
(5)希望する担当作品(4種類から選択してください、複数可)
(6)文学フリマへの参加回数(概算で構いません)
(7)文学フリマへの参加形態(出店者/売り子/一般来場者等)
(8)文フリガイドに編集者として関わることに対しての意気込み
(9)その他、編集委員会へのメッセージ
 だいたい2日を目処に、秋山より個別に返信差し上げるようにします。

現在の編集委員会について

 編集者を募集します! と言っても、編集委員会のことが分からなければ、なかなか踏ん切りがつかないところもあると思います。そこで、現在の編集委員会について、ざっくばらんに説明します。
 編集長は秋山です。このブログを更新しており、Twitterの文フリガイドのアカウントも更新しています。委員会の中では、主に全体統括、出店者や推薦者とのやりとり、組版、査読と編集者コメント執筆、その他全部を担当しています。
 副編集長は笠原さんです。主に特集や企画まわりを担当いただいています。昨年までは査読と編集者コメント執筆も対応いただいていましたが、今年からは企画に注力いただきます。
 以上、2人体制です。
 文フリガイドは次号で第10号となりますが、けっこうメンバーが目まぐるしく変わっており、毎回、なんだかフレッシュな雰囲気の元、進めています。委員会内の雰囲気は、比較的フラットと言うか、さっぱりしていると思うので、あまり深いことを考えずに、素直にいろいろな作品を読んで、面白いものにコメントをつけて、盛り上げていきたいという想いを持った方に応募いただけると嬉しいです。

編集者以外の応募について

 たとえば「査読や編集者コメント執筆には関心がないけれど、組版はやりたい」という方もいらっしゃるとは思いますが、現在、編集者以外の募集を行う予定はありません。
 理由は担当業務への打ち込み具合を見て、他を任せるかどうかを判断したいからです。それに編集者の担当は、文フリガイドの骨子であり核です。どの担当をお願いするにしても、一度は、このメインとなるところを担当いただきたいと考えています。

 長くなりましたが以上となります。
 不明点等ありましたら、メール等でお気軽にお問い合わせください。
 どうぞ、よろしくお願い致します。

(c) bunfreeug all right reserved. since 2012/5/6